言葉のブレが気になる

最近色々なWEBデザイナーの方と仕事をする機会が増えたのですが、

言葉のブレとかに鈍感な人が多いな~という印象を受けます。

 

大手企業で仕事をしていたときに、結構厳しく文言について注意されていたので、その辺で私は鍛えられたのかもしれません。

例えば、何かの種類とかをカテゴリと普段記述しているのですが、

カテゴリーとかとみるとあれ?ってなります。ユーザーとか、コンピューターとかもそうなのですが、

長音符を付けないのが当たり前だと思ってまして、

そういった規格が何かあるか調べたところ、

wikipedia の長音符のところに記載されていました。

JIS規格において原語(英語)の語尾の長音符号を省く場合の原則

  • a) 3音以上の場合には、語尾に長音符号を付けない。(例:「エレベーター(Elevator)」は「エレベータ」とする)

  • b) 2音以下の場合には、語尾に長音符号を付ける。 (例:「カー(Car)」や「カバー(Cover)」は「カー」や「カバー」とする)

  • 複合語は、それぞれの成分語について a)、b) を適用する。(例:「モーターカー(Motor car)」は「モータカー」とする)

  • 長音符号で書き表す音、はねる音、つまる音は1音とし、拗音は1音としない。(例:「テーパ」(Taper)、「ダンパ」(Damper)、「ニッパ」(Nipper)、「シャワー」(Shower)とする)

 

ということで、JIS規格で定められているようです。

 

まあでも、個人的には長音符があるかないかはどちらでもよくて、

一番嫌なのは、両方混ぜたりしている人がたまにいて、そればっかりは文章を読んでいて気持ち悪く感じます。

 

「お」を付けたり付けなかったりとかいうのもあったりして、

お支払、支払

お仕事、仕事

とか、どちらでもいいんですけど、合わせましょうよ

って思います。

 

ということで、原稿はいただくのですが、結局、文章チェックまで私の方ですることが多いです。

 

カテゴリー: 未分類